スタッフブログ

むちうちを軽視せず、最適な治療を!

2016/06/24更新

こんにちは♪ブログ担当、事務局の絢奈です。

今回は「むちうち」の症状について書かせていただきますね。

むちうちは、交通事故などによって、首に急激な衝撃が加わり起こります。
衝撃により頚椎が前後左右にもっていかれ、鞭のようにしなりむち打ちは発生します。

事故にあったその日には症状が出ることは少なく、翌日あたりから様々な症状が出現することが多いんです。

軽いむち打ちでは、首周辺の痛みや違和感が主な症状となります。
しかし、ひどいむち打ちでは首・肩・背中・腕まで痛みの範囲が広がります。
更に重度になると、頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・手足のシビレ・マヒなどの症状が…
それ以外にも精神的に不安定になり、症状がいつまでも続きます。

むちうちは医学的に認められないことも多く、病院に行ったものの、レントゲンを撮って骨に異常がなければシップと飲み薬を出されて終わり・・・なんてことも。
レントゲン検査で映らないモノは病気ではない!と思われているからです。
この状態で通院治療、痛み止めや湿布を続けても、良くなる筈がありません。

整骨院には、「病院でのレントゲン検査では異常がない!でも痛い」との理由で多くの患者様が通院されて、病院では良くならなかった症状を回復されています。
受診される理由が、『安静にしているだけで治るの?』『痛み止めや湿布の治療しかないの?』という不安です。
実際に、痛みが取れないことに悩まれて、駆け込んでくる方もたくさんいらっしゃいます。

整骨院では、むちうち治療に対して受傷直後の頚部固定と安静が重要で痛みが強いものには、カラー固定をしますが、その後は手技による患部周辺の筋肉のコリをほぐす施術やゆがみを調整する矯正などを行い、痛みの原因を根本から改善する治療を施していきます。

下記のような症状が現れた場合、要注意です!!

手足がしびれる
肩こりの悪化・首スジの張り感
頭を動かせる範囲が狭くなる
肩・腕・指にまで広がる痛み
頭痛(後頭部・前頭部・こめかみ・全体など様々)
握力が弱くなったような気がする
もう1ヶ月も病院に通っているが良くならない
吐き気・息切れや動悸がする

数日経過してから、こうした症状が出てくる場合がありますので、体の変化を軽く見過ごさないようにしてくださいね。

むちうちの症状が出た場合は、気軽に「事故したら.com」にお問い合わせください。
事故したら.com」に掲載されている治療院は、むちうち治療のプロフェッショナルです。
一人ひとりの状況に合わせて、最適なアドバイスを無料で行っていますので、是非ご相談くださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

全国の優良 整骨院・接骨院をご紹介

当サイトの掲載整骨院は、技術的、知識的また設備面、衛生面においても優秀かつ優良な治療院です。

また、当サイトには複雑な交通事故の保険内容や保険会社との煩わしい遣り取りによる、患者様の疑問や不安を解消するべく、保険相談専門のスタッフを揃えており、患者様がより良い環境で治療に専念出来るように、万全の体制で無料サポート致しますので安心してご利用ください。

page_contact_btn

優秀な治療院の検索はこちら

交通事故専用サポートセンター 0120-13-4970