スタッフブログ

交通事故治療の整骨院利用件数の最新版

2018/05/08更新

事故したらドットコムには、たくさんの交通事故被害者から「整骨院へ通院したい」というお問い合わせをいただきます。その方々の中には、保険会社に整骨院へ通院したいということを話したところ、「整骨院の治療費は支払われません」と言われてしまった方や病院の医師にも整骨院を併用して治療することを拒否された方もいます。

交通事故の被害に遭われても、仕事を休むことが難しく、通院する時間を確保することは大変です。そんな生活環境にある患者様にとって、整骨院へ通院することを保険会社や病院の医師に拒否されてしまうことは、治療を受ける権利を妨害されていることに他なりません。

適切に治療を受けることができず、辛い痛みに悩まされながら生活することは、大変なストレスを感じることになるでしょう。また、十分な治療が受けられなかったことで、痛みに悩まされる期間が長く続いてしまうことも少なくありません。
では実際、交通事故で整骨院へ通院することはできないのでしょうか?

損害保険料率算出機構がリリースしている「自動車保険の概況」にある
「自賠責保険の柔道整復における現況」
(※柔道整復とは整骨院の施術を表しています)
この報告では、自賠責保険に請求のあった件数の集計が以下のようになっています。
平成27年度 24万9320件
平成26年度 23万9835件
平成25年度 23万496件
平成24年度 21万3313件
平成23年度 19万2778件

このように、平成23年度から平成27年度までの5年間、柔道整復(整骨院の施術費)の自賠責保険への請求件数は毎年増加を続けています。

警察庁交通局がリリースしている
「交通事故の発生状況」の集計データによれば、発生件数と負傷者数は以下の通りです。
平成27年 53万6899件  66万6023人
平成26年 57万3842件  71万1374人
平成25年 62万9033件  78万1492人
平成24年 66万5157件  82万5392人
平成23年 69万2084件  85万4613人

このことは何を示しているのでしょうか?

警察庁の集計データは、人身事故処理されている件数だと思われますので、物損事故処理されている場合を含めればより多くの負傷者が存在するであろうことはありますが、それでも交通事故負傷者の多くが、整骨院に通院していることは紛れもない事実であると言えると思います。

それだけ多くの交通事故で負傷された方が、整骨院へ通院できているという事実があるにもかかわらず、自分が整骨院へ通院できないという状況は、当然の事ながら納得できるものではないでしょう。

もちろん、ただやみくもに「整骨院へ通院したい」と訴えているだけでは、状況を好転させることは難しい部分もあると思います。交通事故で整骨院へ通院して施術を受けることの前提として、病院の医師による診断が必要であることや事故態様と負傷部位に因果関係が認められるのかなど、適切に対処すべきことがあります。
そういったことを含めて、まずは専門家に相談することが大切です。

全国の優良 整骨院・接骨院をご紹介

当サイトの掲載整骨院は、技術的、知識的また設備面、衛生面においても優秀かつ優良な治療院です。

また、当サイトには複雑な交通事故の保険内容や保険会社との煩わしい遣り取りによる、患者様の疑問や不安を解消するべく、保険相談専門のスタッフを揃えており、患者様がより良い環境で治療に専念出来るように、万全の体制で無料サポート致しますので安心してご利用ください。

page_contact_btn

優秀な治療院の検索はこちら

交通事故専用サポートセンター 0120-13-4970