メニュー閉じる
交通事故専用サポートセンター
0120-13-4970
平⽇ 9:00〜21:00 / ⼟⽇祝 9:00〜18:00
お問い合わせ
交通事故治療で整骨院へ通院なら事故したら.com
交通事故専用
サポートセンター
0120-13-4970 年中無休
問い合わせ件数45,000件以上!無料で交通事故治療予約
ホーム事故したら.comまとめ交通事故に関するご相談事例交通事故患者様からよくある疑問・質問
問い合わせ件数45,000件以上!無料で交通事故治療予約

    交通事故患者様からよくある疑問・質問

    2012.06.30

    最終更新日 2021年6月3日

    当サイトへ交通事故の患者様からのよくいただく質問・疑問についてお答えしたいと思います。

    交通事故の被害者になってしまった

    交通事故に遭った際に一番大切なのは、すぐに警察を呼び事故状況を正しく伝えることです。

    その時は気が動転していて、うまく伝えることができないかも知れません。悪質な加害者だと、自分の良いように事故状況を伝え被害者が不利になる場合もあります。

    そういったことを防ぐためにもドライブレコーダーの設置や事故後の写真を取るなどの行動をしましょう。

    そして、事故直後には身体の痛みや違和感がなくても病院へ行ってください。
    事故から日数が経過してしまうと事故とケガの因果関係が認められず補償を受けられなくなる可能性があります。

    保険会社の交渉の仕方がわからない

    警察での交通事故の処理が終わると、治療費や慰謝料について相手方の保険会社と交渉することになります。

    被害者であれば、治療費の補償などしてくれるのは当然なのですが、中には被害者はまだ身体の痛みを訴えているにも関わらず治療の打ち切りを打診してくる保険会社も少なくはありません。

    痛みや違和感があるにも関わらず、治療の打ち切りを言われた場合は医師に治療の継続が必要かどうかを判断してもらいましょう。

    医師が治療の継続が必要と判断すれば、保険会社も打ち切るということはめったにありません。

    ここで大切なのは病院の医師の判断ということです。
    交通事故でむちうちなどの治療をしている方は、整骨院と病院の併用をしている方が大半ですが、治療の継続の判断は医師しかできませんので注意してください。

    むちうちに悩んでいる

    交通事故で一番多い症状はむちうちです。

    むちうちは病院・整形外科での画像診断では異常なしと言われることが多く、病院でのむちうち治療は湿布と痛み止だけというケースがすくなくありません。

    むちうちの痛みや症状は他人には伝わりづらく、被害者自身も軽いむちうちだからと我慢することもあります。

    しかしむちうちを我慢していると後になって痛みなどの症状が強くなった場合に補償で治療できなくなる場合がありますので、早期にむちうち治療することが大切です。

    むちうちは病院で治療し、整骨院で施術を受けるという方がたくさんいらっしゃいます。ご自身の症状に合わせ病院と整骨院をうまく併用するのが理想的です。

    病院へ行っているが、よくならない

    むちうちの治療を病院だけで受けている場合、医師は「安静にしてください。」というケースが多く、治っているかどうかわからないという方が大勢います。

    病院の医師の言うとおりに安静にし、湿布や痛み止めで自然に治る場合もありますが、治っている自覚がないという方は整骨院との併用も視野にいれてください。

    国家資格を有する整骨院であれば、むちうちなどの急性外傷治療のスペシャリストが施術するため、病院だけでむちうち治療するよりも、治るスピードや後遺症になりにくいと言われています。

    むちうちで病院と整骨院を併用するには

    むちうちの治療を整骨院で受ける場合は医師の同意・診断書を書いてもらう必要があります。

    交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください

    交通事故治療でお悩みの際や疑問・不安がある場合には、お気軽に「事故したら.com」にお問い合わせください。

    事故したら.com」に掲載されている治療院は、むちうち治療のプロフェッショナルです。

    一人ひとりの状況に合わせて、最適なアドバイスを無料で行っていますので、是非ご相談くださいね。

    お電話にてお住いの地域に交通事故治療対応の整骨院をお探しします。
    当サイトからの予約で【通院支援金 最大1万円】進呈致します。

    電話で無料相談する

    現在地から治療院を探す