メニュー閉じる
交通事故専用サポートセンター
0120-13-4970
平⽇ 9:00〜21:00 / ⼟⽇祝 9:00〜18:00
お問い合わせ
交通事故治療で整骨院へ通院なら事故したら.com
交通事故専用
サポートセンター
0120-13-4970 平⽇ 9:00〜21:00 / ⼟⽇祝 9:00〜18:00
0120-13-4970電話するLINEで相談
ホーム事故したら.comまとめ交通事故のむちうち病院、整形外科では湿布と痛み止め薬だけで治療してもらえていない気がする?

    病院、整形外科では湿布と痛み止め薬だけで治療してもらえていない気がする?

    2020.07.10

    最終更新日 2020年8月24日

    その通りです!「湿布と痛み止め薬だけ 」、「安静にしているだけ 」、それでは十分な治療を受けているとは言えませんし、痛みも引きません。

     

    早い段階でしっかりと治療を受けることが後遺症を残すことなく快復するためには必要です。

     

    交通事故でむち打ちになった場合、初めに、整形外科などの病院に行かれると思います。病院ではレントゲン、MRI、CTといった画像検査で、ムチウチや痛みの原因をつきとめようとします。しかし『むちうち』は画像検査では映りません。

    医学的には問題はない。症状が出る原因が見つからなければ、整形外科では根本的な治療ができません。鎮痛薬、消炎薬など、症状の一つ一つについての対症療法になってしまいます。『むちうち』 その後の過程・リハビリが、早期に回復するか?の問題となってきます!

     

    病院でレントゲン検査を受けても異常がない!
    これがレントゲンに映らないむち打ち症です。

     

    病院でレントゲン検査で異常なしのむちうちは、病院では安静で様子をみるだけ‥
    なぜか?レントゲン検査で映らないモノは病気ではない!と思われているからです。
    この状態で痛み止めや湿布を続けても、良くなる筈がありません。

     

    病院・整形外科でしっかり治療してもらえない時の対処法は?

    整骨院には、「病院でレントゲン検査で異常がない!でも痛い」との理由で多くの患者様が来られます。
    整骨院への通院を希望される理由が、
    安静にしてるだけで治るの?
    痛み止めや湿布の治療しかないの?』です。

     

    整骨院では、むちうち治療に対して受傷直後の頚部固定と安静が重要で痛みが強いものには、カラー固定をします。
    炎症熱感には、消炎鎮痛外用薬(湿布)に加え、アイシングなどの急性疼痛の治療、5日~1週経過して症状が落ち着てから頚肩甲部の筋緊張緩和などの理学療法を行っていきます。

     

    整骨院で治療を受ける場合の特徴

    • 早期に患部周辺部に治療アプローチが可能
    • 国家資格保持者が治療を担当します
    • 多様な治療内容(手技施術療法、電気治療、矯正施術、マッサージなど)
    • 待ち時間が短く、時間を掛けた丁寧な施術
    • 通院間隔を空けずに痛みを取り除く十分な治療が可能
    • 夜20時、21時まで受付しています
    • 土・日・祝日も通院できます