メニュー閉じる
交通事故専用サポートセンター
0120-13-4970
平⽇ 9:00〜21:00 / ⼟⽇祝 9:00〜18:00
お問い合わせ
交通事故治療で整骨院へ通院なら事故したら.com
交通事故専用
サポートセンター
0120-13-4970 平⽇ 9:00〜21:00 / ⼟⽇祝 9:00〜18:00
0120-13-4970電話するLINEで相談
ホーム事故したら.comまとめ交通事故被害の対応マニュアル交通事故に遭った時に注意してほしいこと Part.1

    交通事故に遭った時に注意してほしいこと Part.1

    2012.05.23

    最終更新日 2020年8月24日

    こんにちは、患者様対応担当の加藤です。

    当サイトには、患者様より様々なご相談が日々寄せられているのですが、その中でも被害者であるにもかかわらず、適正な補償を受けられない状況に陥ってしまうケースをシリーズでお伝えしたいと思います。
    実際の患者様の事例に基づいていますので、参考にして頂ければ幸いです。

    今回は第一弾!「保険会社との連絡・交渉について」

    交通事故被害者は、加害者の加入している任意保険が補償(自賠責保険を含めた治療費や慰謝料、損害賠償など)の対応を担当することになるのですが、示談までの間に何度も連絡を取り、交渉をする必要があります。(これを、交渉だとは思っていない方が非常に多いのですが・・・。)
    示談の時には注意深く検討することになるのですが、実は示談の段階ではもう手遅れの状態になっていることがあるんです。

    ポイントになるのは、治療を受ける際に保険会社の担当者に連絡をする時です。
    交通事故治療の場合には、患者様は一切費用を負担することなく治療を受けることができるのですが、この治療費は保険会社と治療院(整形外科などの病院や整骨院、接骨院など)の間で遣り取りをしてくれるわけです。ですから治療院に通院する際には、前もって保険会社の担当者に治療院名を連絡する必要があります。この時の連絡も、実は「交渉」と考える必要があるのです。

    それはどういうことかというと。保険会社の意図が絡んでくるからです。

    事故直後に、皆さん病院に行き診断を受けます。これは人身事故として処理する為に必要なことであり、ほぼ全ての方が行かれます。
    その後の治療については、それぞれの都合に合わせて治療院を選ばれることになりますが、接骨院整骨院といった柔道整復師施術院へ通院を希望された場合に、いろいろな理由を付けて整形外科などの病院に通院するように保険会社の担当者に誘導されることがあります。ここがポイントです。
    一概には言えませんが、病院に通院することにした場合、「待ち時間が長い」「受付時間が短く、夜までやっていない」といった理由で、頻繁に通院することができないことがあります。痛み止めの薬を1週間分処方してもらって、また1週間後。というケースもあります。

    それに対して、接骨院整骨院は「待ち時間が短い」「夜まで受付をしている」というところが多い為、通院が容易で十分な治療を受けることが可能になります。
    つまり保険会社の意図としては、「通院回数を減らしたい」「治療費を抑えたい」と考えているということがあるのです。

    また、被害者が受け取ることになる「通院慰謝料」は、通院日数によって計算されることになるので、通院日数を減らすことができれば保険会社が負担することになる賠償金額を引き下げることに繋がります。
    このような保険会社の意図を知らずに、「病院に通院することにしたけれど、仕事の都合でなかなか通院することができず、怪我も回復しなくて毎日辛い思いをしている。」といった交通事故被害者も少なくはありません。

    保険会社はあくまでも損害賠償など補償を担当しているのであって、被害者の味方ではありません。ですから連絡する際も、全てを鵜呑みにするのではなく正しい知識を持って、「交渉」するということが必要です。どの治療院で治療を受けるかは、基本的に被害者が選択する権利を有しています。お怪我を早期に治すためにも、ご自身の都合に合わせて選び、それを保険会社に認めてもらうように主張し、適正な補償を受けることが大事です。

    当サイト「事故したら.com」では、このようなことでお悩みの被害者様からのご相談を受け付けており、それぞれの状況に合わせて適切なアドバイスをさせて頂いています。

    接骨院整骨院といった柔道整復師施術院は、通院が容易であるだけではなく、交通事故のような急性の外傷「骨折」、「捻挫」、「挫傷」、「打撲」、「脱臼」のスペシャリストです。実際に、整形外科ではなかなか良くならなかったけれど、整骨院へ通院して回復したという患者様の声はとても多いです。お怪我は、受傷後3カ月間に十分な治療を受けることで後遺障害を残すことなく完治できる確率を高めることができますので、当サイトでは接骨院整骨院へ通院されることをお薦めしています。
    治療面や補償面、慰謝料についてなど疑問や不安のあるときには、是非ご相談ください。

    最後までお読み頂きありがとうございました。次回もお楽しみに。