むちうちのケア 早く十分な専門的治療が快復の近道

よくあるむちうち(頚部捻挫)の後遺症

  • 雨の日や寒い日に首が疼く
  • 上を向くと首に痛みが残っている(可動域が小さくなってしまった)
  • しばらく経ってから痛みや違和感が出てきた
  • 以前より腰や肩がコリやすくなった
  • 以前より疲れやすくなった
よくあるむちうち(頚部捻挫)の後遺症

このような交通事故によるむちうち(頚部捻挫)の後遺症は、整骨院で早期に適切な治療・リハビリを受けることで防ぐことが十分可能です。

page_contact_btn

病院、整形外科では湿布と痛み止め薬だけで治療してもらえていない気がする?

その通りです!「湿布と痛み止め薬だけ 」、「安静にしているだけ 」、それでは十分な治療を受けているとは言えませんし、痛みも引きません。
早い段階でしっかりと治療を受けることが後遺症を残すことなく快復するためには必要です。

交通事故でむち打ちになった場合、初めに、整形外科などの病院に行かれると思います。病院ではレントゲン、MRI、CTといった画像検査で、ムチウチや痛みの原因をつきとめようとします。しかし『むちうち』は画像検査では映りません。

医学的には問題はない。症状が出る原因が見つからなければ、整形外科では根本的な治療ができません。鎮痛薬、消炎薬など、症状の一つ一つについての対症療法になってしまいます。『むちうち』 その後の過程・リハビリが、早期に回復するか?の問題となってきます!

病院でレントゲン検査を受けても異常がない!
これがレントゲンに映らないむち打ち症です。

病院でレントゲン検査で異常なしのむちうちは、病院では安静で様子をみるだけ‥
なぜか?レントゲン検査で映らないモノは病気ではない!と思われているからです。
この状態で通院治療、痛み止めや湿布を続けても、良くなる筈がありません。

整骨院には、「病院でレントゲン検査で異常がない!でも痛い」との理由で多くの患者様が来られます。
整骨院への通院を希望される理由が、
安静にしてるだけで治るの?
痛み止めや湿布の治療しかないの?』です。

整骨院では、むちうち治療に対して受傷直後の頚部固定と安静が重要で痛みが強いものには、カラー固定をします。
炎症熱感には、消炎鎮痛外用薬(湿布)に加え、アイシングなどの急性疼痛の治療、5日~1週経過して症状が落ち着てから頚肩甲部の筋緊張緩和などの理学療法を行っていきます。

事故したら.com掲載整骨院

  • 早期に患部周辺部に治療アプローチが可能
  • 国家資格保持者が治療を担当します
  • 多様な治療内容(手技施術療法、電気治療、矯正施術、マッサージなど)
  • 待ち時間が短く、時間を掛けた丁寧な施術
  • 通院間隔を空けずに痛みを取り除く十分な治療が可能
  • 夜20時、21時まで受付しています
  • 土・日・祝日も通院できます

優秀な治療院の検索はこちら

一覧へ戻る >>

整骨院・接骨院が「むちうち 」など交通事故の治療に選ばれる理由

  • 1自賠責保険で柔道整復師が行う施術費用の支払いが規定されています

    整骨院や接骨院は、国家資格である「柔道整復師」が常駐することが必須条件となっています。「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険金等の支払基準」において、『柔道整復等の費用』に関する項目で、『免許を有する柔道整復師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。』と定められており、自賠責保険で施術費用の支払いが認められています。

  • 2柔道整復師は捻挫、打撲、挫傷など「急性外傷」のスペシャリストです

    柔道整復師が行う施術では、関節や筋肉への直接的な治療アプローチができます。
    骨格の歪みや深部の筋肉の損傷が原因となっている症状・痛みを取り除くことが、怪我を根本から治すためにはとても大切です。湿布や痛み止めを処方されるだけの病院では、改善することが出来ない症状でも、『驚くほど劇的に痛みが消えた』なんてことも珍しくありません。交通事故の症状は、早期に十分な治療を受けることが完治するためにとても大切で、痛みを我慢して治療を受けないまま放っておくと、深刻な後遺症に苦しむことになりかねません。

  • 3病院と整骨院は同様の傷害慰謝料の計算方法が適応されます

    自賠責保険では傷害慰謝料を実治療日数や通院期間に応じて算出することになっています。整骨院で通院治療を受けても、病院と同様に通院日数が加算されることになっていますので、慰謝料の面でも十分な補償を得ることができます。

  • 4待ち時間が短く、治療は濃い

    病院では「待ち時間が長く、治療は短い」といったこともありますが、整骨院では「待ち時間が短く、治療は濃い」と言われています。「半日掛かりで通院する」なんていうことはありません。時間を有効に使って通院することができます。

  • 5通院の利便性が高い

    病院に比べて遅い時間まで受付していることもあり、仕事帰りに治療を受けることも十分に可能です。ご自宅や職場近くの整骨院を利用することでより十分な治療を受けることができるでしょう。

※整骨院・接骨院での治療は、病院で医師の検査・診断を受けた上で受けてください。

一覧へ戻る >>

「むちうち」を整骨院で治療した場合の速やかな症状の緩和に有効な3つのポイント

  • 1的確な患部の安静

    必要な時に必要な安静です。事故日から2週間ほどは患部に腫れや熱感が生じていることも多く、治療による負荷を加えることで痛みが増幅してしまう可能性もあります。そのような時には、炎症を抑える処置をしながら安静を保つことも必要です。

  • 2 早期に適切な治療開始

    治療開始が遅くなると、周囲の筋肉が固まってしまい治りにくい状態になってしまいます。お身体の状態を見ながら、適切なタイミングで治療を始めることで、効果的に痛みを取り除くことができ、1カ月程度で約70%も症状が緩和することがあります。

  • 3適度な間隔・頻度での通院

    治療間隔を空け過ぎず、必要な治療ができます。痛みのある時には間隔を空けず十分に治療を受けることが症状緩和の近道です。整骨院では痛みで辛い時に、治療が受けられないということにならないように、患者様のご都合に合わせた通院環境を提供することができます。

一覧へ戻る >>

整骨院での治療法が「むちうち治療」に最善な理由

整骨院が交通事故のむちうち治療に最善な理由

各整骨院の施術者が問診で患者様の症状を把握し、その上でむちうちの治療・リハビリ内容(理学療法、運動療法など)の選択、後療法(手技療法、矯正、マッサージなど)の開始時期、治療を決めていきます。

整骨院は「何でもマッサージ、何でも矯正」と思われがちですが、安静が必要な時は手を加えません。

患者様の 生活の質を落とさない事を第一の目的に、いま現在の症状に対してだけではなく、その後の経過も視野に入れながら治療方法を決定していきます。

手技によるマンツーマン治療は、患者様との会話の中で症状を聞きながらできる素晴らしい治療です。整骨院でのむちうち治療は、患部の状況と患者様の症状を聞き、それを基に判断するオーダーメード治療といえるでしょう。

理学療法

交通事故の理学療法

筋肉に電気刺激を与え、神経を介して筋が収縮弛緩を繰り返し、小さな運動をさせます。それにより、血管が収縮拡張し血行を良くして、回復を促します。周波(SSP治療)、中周波、高周波、干渉波、微弱電流治療、超音波、マイクロ波、(遠)赤外線、温熱療法(ホットパック)など。

  • テカール(テカールセラピー)

    テカール(テカールセラピー)

    温熱、非熱の両作用を兼備する高周波温熱治療器で、高周波と微弱電流作用などにより、従来のスポーツマッサージでは困難とされる深部組織へのアプローチが可能。運動機能の向上、コンディショニングのほか、痛みの緩和や肉離れの早期回復にも効果を発揮することが知られている。

  • 交通事故その他の微弱電流治療器

    その他の微弱電流治療器

    ソーマダイン、マイオパルス、アキュオスコープ等
    微弱電流は特殊な交流の脈波(周波数変調多重周波)アデノシン三燐酸(ATP)合成・アミノ酸輸送及び蛋白質合成の増大をもたらすイオンチャンネル電流を増大させ、損傷部の治癒を促す電流の作用を効果的にします。

運動療法

痛みなどで頚や肩の動きが減ると、血行不良によって筋肉の柔軟性が悪くなってきます。急性期が過ぎ、痛みがやや落ち着いてきた頃から軽いストレッチや体操などを少しずつ始め、筋肉をほぐしていきましょう。特にお風呂上がりなど筋肉が温まった時には効果的です。

また、有酸素運動(自転車やウォーキングなど)で全身の血液循環を良くすることも大切です。
ただし、 病態により行ってはならない運動や控えたほうが良い時期がありますので、運動を始める前は必ず施術者に相談して下さい。

一覧へ戻る >>

交通事故のむちうち症はこうして引き起こされる

「むちうち」とは
「頚部捻挫」、「頸椎捻挫」、「外傷性頚部症候群」等の傷病名として診断される、頸椎とその周辺組織に対する傷害のことで、突発的外力によって柔らかく動く頚部がムチのような波状運動を強いられることによって、頚部の筋、靱帯、骨、椎間板、神経、血管などがなんらかの損傷を受けて、首の痛み、頭痛、上肢のしびれ、肩こり、めまい、吐き気など複雑な症状が現れます。
また、受傷直後から症状が出る場合と、直後には特に痛みを感じないが、翌日になってから症状が出る場合など、時間が経過してから症状が現れることがあります。
同様に背骨・脊椎の傷害で代表的なものとして、腰椎とその周辺組織に対する傷害のことを、腰部捻挫と診断されています。

これまでは、むちうち症の発症の原因は、首の生理的な可動域を超えて後屈させられた時に起こると考えられていましたが、低速度や停車中で追突されてもむち打ち症を発症するのです。

交通事故のむちうちイメージ

ムチウチは、突発的外力により、頭と首が前後または 横に、過度の屈曲進展などにより起こり、重い頭が首の各関節可動域を超えた揺れが、筋、靭帯、骨、椎間板、神経、血管に衝撃を与えます。

首に剪断力(ずれる力)を受けた時、この力を防止する骨性の構造物はありませんので、可動性のない軟部組織である 椎間板に最も剪断力がかかり断裂が生じます。

出会い頭の事故と停車時追突事故では、停車時事故の方が損傷が大きい場合が多いのは、不意を突かれて、身構えることがないまま、衝撃を受けているからです。出会い頭の事故は、身構えて、急に最大筋力を肩や首の筋肉に力を入れるため、痛みがでることがあります。

一覧へ戻る >>

むちうちの治療期間と通院回数

むち打ちの治療期間は、症状によりますが、軽症の場合で1~3ケ月、長期の場合で6ヵ月程度です。
病院で医師が書く診断書に、『10日間の加療を要する見込み』と記載されている軽症の場合であっても、完治するまでには3ヶ月程度かかることが多いと言われています。

また長期化する要因として

①身体的な理由
頸椎の老化現象 や後縦靱帯骨化症、脊柱管狭窄症等の疾患

②精神的・心理的な理由
むち打ちの場合、精神的・心理的な理由で症状が長引く場合が多いと言われています。

各自症状による パニック傷害での「PTSD」に移行もあります。
「気のせい」「詐病」と言う意味でもありません。
現実に症状が存在しており、それが本人も気がつかない心理的なからくりによって発生していると言うことです。
事故後、むち打ちで「うつ病」になる場合もあります。長期にならないように、治療の間隔を空けず、治療効果が続くように治療を継続しましょう。
痛みがひどい時には2日に1度、月間で15日以上通院治療を受けることも決して不自然なことではありません。十分に治療を受けることが早期の快復には不可欠と言えます。

整骨院では、初期に「問診」→「治療方針決定」→「処置」、その後「施術」→「効果確認」の繰り返しによって効果的な治療を行っていきます。

一覧へ戻る >>

鍼灸やマッサージがムチウチ治療に効果的な理由

なぜ効果的なのでしょうか?

長期化しているむち打ち損傷の諸症状に対して直接働きかける鍼灸・マッサージ治療は、筋肉、ツボへの刺激によって、痛みや筋肉の緊張をやわらげる作用があります。
痛みや自律神経症状の多くは筋肉の収縮・過緊張に原因がある場合も多く、血流の改善は筋肉内の発痛物質・疲労物質を除去する意味でとても重要です。

治療を受ける際の注意点は?

鍼灸マッサージ 治療で改善が期待できるものも多いのですが、 病態や時期により治療をしてはいけないことがあります。
また、治療を開始しても個体差で効果が現れにくいこともあります。(損害保険担当者や医師の同意が必要になることもあります。)

病院から整骨院へ転院するには?

『整骨院へ転院するためには、医師の許可が必要?』
『病院に紹介状をもらう必要がある?』
『保険会社から「整骨院へ転院するなら、医師に同意書を書いてもらって下さい。」と言われる?』

必ずしも必要ではありません。

交通事故の被害者は自賠責保険によって治療を受ける権利が補償されています。この自賠責保険の保障内容には、整骨院(接骨院)での柔道整復師による施術費用に関して支払基準が明記されています。従って、被害者である患者様が整骨院の治療を希望した場合、基本的には保険会社はこれを拒否することはできません。

しかし、自由に通院しても構わないということではありません。注意深く対処することが必要です。

近年の交通事故の治療では、整骨院(接骨院)での施術は、医師による医学的診断に基づいて行われることが前提となっており、医師の診断を受けていない状態では整骨院(接骨院)の施術を受け続けることはできません。ここでいう診断とは、初期の診断だけを指すのではなく、全治療期間に渡って継続的な医学的診断を言います。つまり、整骨院へ転院する場合でも、病院・整形外科での通院治療・診察を併用することになり、医師が整骨院(接骨院)で施術を受けることを、全く認知していないということは望ましい状態とは言えません。病院・整形外科では、外科的手段や薬品投与等の方法で治療が為されますが、整骨院(接骨院)での施術は、医療補助的方法により回復を図ることを目的として為されるということです。

治療期間中、医師の診察・診断を継続的に受けながら、日々の治療として整骨院(接骨院)を利用することが、安心して十分な治療を受けるということに繋がると言えるでしょう。

『医師に「整骨院へ行きたい」とはちょっと言いにくい』
と感じる方もいるのかもしれません。
「整骨院へ転院するためには、どのように対処することが必要なのか?」
交通事故被害者の状況に則して、適切な対処法のアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る >>

全国の優良 整骨院・接骨院をご紹介

当サイトの掲載整骨院は、技術的、知識的また設備面、衛生面においても優秀かつ優良な治療院です。

また、当サイトには複雑な交通事故の保険内容や保険会社との煩わしい遣り取りによる、患者様の疑問や不安を解消するべく、保険相談専門のスタッフを揃えており、患者様がより良い環境で治療に専念出来るように、万全の体制で無料サポート致しますので安心してご利用ください。

page_contact_btn

優秀な治療院の検索はこちら

後遺症ピックアップ治療院

一覧を見る

事故したら.comからのお知らせ

一覧を見る
  • SDカードについて
  • お問い合わせ
  • 交通事故後遺症治療情報BLOG
交通事故専用サポートセンター 0120-13-4970