交通事故の慰謝料とは?

慰謝料とは

交通事故によって被った
精神的な苦痛に対する賠償のこと

※精神的な苦痛を計ることが難しいため、
怪我の重度によって精神面の苦痛を計り算出されています。

慰謝料とは

従って、事故後の怪我の治療にかかった病院や整骨院での通院期間・実通院日数を基に、通院日数で変わる自賠責保険の慰謝料計算方法が定められています。
痛みがあるのに我慢をして通院していない場合には、慰謝料が少なくなってしまうことになりかねません。治療を十分に受けることで怪我が回復し、さらに適正な慰謝料も受け取ることができるように定められているわけです。

一覧へ戻る >>

通院日数で変わる自賠責保険の慰謝料計算方法

「自賠責法」で定められた支給額

自賠責保険の慰謝料の計算方法は1日当たり4,200円

[1]全治療期間(入院期間+通院期間)の日数
[2]実通院日数(治療期間中に実際に通院した日数)×2の日数

[1]と[2]を比較して少ない日数が基準日数として適用されます。

交通事故で「頚部捻挫:10日間の加療を要する」と診断されて
90日間に渡って通院治療を受けたケース

ケース1

整形外科で痛み止め薬と湿布を処方されて週に1度、全12回通院された場合の慰謝料
 

全90日間で12度の通院
12×2=24日
90日>24日
24日が基準日数になります

ケース2

整形外科には週に1度、整骨院へ患部に対する直接的な施術を受けるために週に3度、全48回通院された場合の慰謝料

全90日間で48度の通院
48×2=96日
90日<96日
90日が基準日数になります

従って、
ケース1の場合では、24日×4,200円=100,800円
ケース2の場合では、90日×4,200円=378,000円
となり、
両者を比較すると治療も慰謝料もケース2の方が十分補償されることになります。

※120万円を超えてしまった場合は、任意保険の適応となる為に計算方法も任意保険基準となりますので、場合によっては減額されることがあります。

※つまり自賠責保険の慰謝料は1ヶ月30日と計算すれば最大126,000円ということです。通院日数を増やしたからといって、慰謝料が増えるわけではありません。

病院だけではなく、整骨院でも通院治療を受けることは患者様に選択権があります。
捻挫・打撲・挫傷などの外傷治療であれば、整骨院を利用することが自賠責で認められており、患者様の意思で治療を受けることができます。保険会社や病院の医師は、基本的にこの権利を侵害することはできません。
整骨院へ通院する為には、病院で検査を受けて、捻挫や打撲、挫傷などの傷病名が書かれた診断書を医師に発行してもらうことが必要です。診断書に記載されている傷病(怪我の箇所)に対する治療を、相手方保険会社が補償する形で受けることができるということです。

鍼灸院・あん摩マッサージ院での傷害慰謝料の計算

鍼灸院で針治療を受けた場合の通院慰謝料は、実治療日数×4200円で計算されます。整骨院や接骨院で、治療の一環として鍼治療を受けた場合は、整骨院の基準となります。
※お怪我の治療を適正期間継続して通院することで、後遺症を防ぎ、納得の慰謝料を受け取ることができるのです。

慰謝料は、実際に被った損害のほかに、精神的苦痛に対して「慰謝する」ために支払われるものですので、金額は被害者が自由に決めることができますが、慰謝料の相場は原則として自賠責保険基準や任意保険基準で計算された金額となっています。

優秀な治療院の検索はこちら

一覧へ戻る >>

こんなケースで慰謝料を諦めていませんか?

  • 「事故当初は、怪我をしていないと思い、物損事故として処理してしまった」
    ※物損事故を、人身事故に切り替えることが可能な場合があります。
  • 「自分が100%過失があると思っている」
    ※過失割合を決めるのは保険会社です。自分の保険会社の担当に相談すれば、相手方の過失を証明できるかもしれません。
  • 任意保険に加入していない場合の慰謝料の請求は面倒なのでは?
  • 自分の方が過失が大きい場合でも慰謝料は貰えるの?
  • 友人の車に同乗していて自損事故で怪我をしたけれど慰謝料は貰えるの?
  • 物損事故として処理したけれど慰謝料は?
  • 家族3人が乗車中に事故に遭ったけれど慰謝料は3人分貰えるの?

一覧へ戻る >>

慰謝料以外に受けられる主な損害補償

  • 治療費用

    交通事故で負った怪我の治療に掛かった実費全額

  • 入院雑費

    入院した日数に1日あたり1,100円を掛けて算出した金額
    (ただし、立証資料によって1日につき1,100円を超えることが明らかな場合は、実費が支払われます。)

  • 通院費用(通院交通費)

    被害者の自宅から病院までの往復にかかる料金に、通院した日数を掛けた金額

  • 休業損害

    被害者が事故にあう直前3カ月間の給与所得の合計を90日で割り、1日あたりの給料の平均額を算出し、事故により休業した日数をかけた金額

一覧へ戻る >>

自賠責保険の保障内容と限度額

傷害による損害=被害者一人につき120万円まで

治療関係費 応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用
(原則として実費とし、治療・療養に必要かつ妥当な額が支払われます。)
休業損害 1日につき5,700円
ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。
慰謝料 1日につき4,200円
慰謝料の対象日数は被害者の傷害の態様、実治療日数その他を考慮して治療期間の範囲内で決められます。

後遺障害による損害=被害者1人につき最高4,000万円~75万円まで
(後遺障害認定1等級~14等級による)

逸失利益 後遺障害がなければ得られたはずの収入
慰謝料 障害の程度により第1級 1,100万円~第14級 32万円
第1級~第3級までは、被扶養者があるときは、増額されます。

死亡による損害=被害者一人につき3000万円まで

葬儀費 60万円が支払われ、立証資料等により100万円までで妥当な額が支払われます。
逸失利益 死亡しなければ得られたはずの収入
死亡者本人への慰謝料 350万
遺族への慰謝料 請求権者1名の場合、550万円
同2名の場合、650万円
同3名以上の場合、750万円
被害者に扶養家族があるときは、この金額にさらに200万円を加算

死亡するまでの傷害による損害=被害者一人につき120万円まで

傷害による損害のときと同様

一覧へ戻る >>

全国の優良 整骨院・接骨院をご紹介

当サイトの掲載整骨院は、技術的、知識的また設備面、衛生面においても優秀かつ優良な治療院です。

また、当サイトには複雑な交通事故の保険内容や保険会社との煩わしい遣り取りによる、患者様の疑問や不安を解消するべく、保険相談専門のスタッフを揃えており、患者様がより良い環境で治療に専念出来るように、万全の体制で無料サポート致しますので安心してご利用ください。

page_contact_btn

優秀な治療院の検索はこちら

後遺症ピックアップ治療院

一覧を見る

事故したら.comからのお知らせ

一覧を見る
  • SDカードについて
  • お問い合わせ
  • 交通事故後遺症治療情報BLOG
交通事故専用サポートセンター 0120-13-4970