スタッフブログ

物損事故の場合の慰謝料

2020/01/23更新

今回は、当サイトの無料相談サポートセンターに「物損事故の場合の慰謝料」について、問い合わせがありましたので、ご紹介します。

物損事故処理された場合の慰謝料について

ここ最近、物損事故として処理されている交通事故被害者の方からの相談が増えていますので、物損事故処理の場合の治療費や慰謝料について、少し説明したいと思います。

交通事故で身体に痛みが生じた場合、整形外科で診察と検査を受けて「頚椎捻挫 全治7日(7日の加療を要する)」といった内容の「診断書」が発行され、交通事故によってお怪我をされたことが証明される形になります。この診断書を警察に提出することで、人身事故として処理されるわけですが、相手方の保険会社から「人身事故にしなくても治療費はこちらで負担しますので大丈夫ですよ」といった話をされて、物損事故のまま治療を受けている交通事故被害者がこのところ増えているようです。

このような本来ならば「人身事故」として処理すべき状況です

「物損事故」の状態にしているケースで、被害者の方が気を付けること

  • 怪我が長引いてしまう可能性がある場合は人身事故に切り替えた方が安心
  • 相手方保険会社に対して「自賠責保険を適用して補償を受ける」という確約を得る
  • 治療費だけではなく慰謝料や休業損害の支払いについても確認する

以上の3点に気をつけることが大切です。

保険会社が、適切に補償内容に対応してくれることが確認できて、お怪我も軽症で概ね3ヶ月程度で完治できる状態であれば、保険の保障で「人身事故」と変わりなく補償されていることがほとんどですので、それほど心配はないと思います。
従って、「物損事故」として処理をされていても、病院で医師の診断書によりお怪我が証明され、加害者側の保険会社が傷害による損害の補償を認めて対応してくれている状況であれば、慰謝料は「人身事故」と変わらずに受け取ることができるということです。

交通事故の治療費や慰謝料、休業損害、通院交通費等は、相手方保険会社が立て替える形で支払いを行い、その後で相手方保険会社が自賠責保険に請求して立替えていた分を回収していますので、自賠責保険の傷害による損害の保障限度額である120万円の内であれば、自賠責保険で規定されている補償内容を受けることができるはずです。相手方保険会社としては、曖昧な表現にすることで、できる限り補償額を引き下げようとしていることも考えられます。ですから、「大丈夫だろう」と思わずに、適切に補償されるべき部分については、しっかり確認することが大切です。

疑問や不明点など解らないことがある時には、早い段階で『事故したらドットコム無料相談サポートセンター』にお問い合わせ頂ければ、状況に合わせたアドバイスを行っております。是非ご利用ください。

交通事故の慰謝料

交通事故治療の通院頻度

2016/08/09更新

先日、「交通事故治療には、どのくらいのペースで通えば良いですか?」
と、ご相談を受けました。

私共からご紹介をさせていただいている患者様には
「患者様が痛みを感じた時は通院をする」ことを、
お薦めさせて頂いております。

+  +  +

交通事故に遭われてすぐの頃には、
症状も強く出ていると思いますので、
毎日でも治療に通っていただきたいと思います。

◆治療を受けて、痛みが緩和される→次の日にまたお怪我が痛むのであれば、また治療に通っていただく…

そういったことを繰り返しているうちに
「今日は痛みが落ち着いている」と感じる日がきっと来ると思いますので、

◆痛みがマシだと感じた日には様子を見ていただく→また痛みを強く感じる日には通院をしていただく…

と、いうことを繰り返してください。

症状に合わせて通院しているうちに、初めは毎日だった通院が、
1日おき、3日おき、1週間おき…と、
少しずつ治療に通う間隔が開くようになると思います。

+  +  +

自賠責保険は国が、交通事故でお怪我をされた方に対して保障をしてくれるものです。

事故の被害に遭われた方は、自賠責保険から保障を受けているので、
治療費の心配等なくしっかり通院していただきたいと思います。

治療にしっかり通っていただくことによって、
お身体の回復にも繋がると思いますし、
また、自賠責保険の慰謝料がしっかり保障されることにも繋がります。

※自賠責保険の慰謝料についてはこちらをご覧ください。
↓↓↓
https://koutuujiko-chiryou.com/isharyou.html

+  +  +

私ども、事故したらドットコムサポートセンターは、
交通事故の被害に遭われた被害者の方に、
適切な保障を受けていただく為のご案内をさせていただきます。

事故したらドットコムサポートセンターへのご連絡、お待ちしております。

事故したらドットコム無料相談ダイヤル*:0120-13-4970

任意保険会社の一括支払とは?

2018/05/14更新

治療費以外の補償を受けることはできないの?」

交通事故治療で病院と整骨院へ通院中の患者様からのご相談事例をご紹介します!

+  +  +

交通事故の被害に遭われて治療を受ける際に、
「相手の任意保険会社に治療費を支払ってもらっているから、病院でも整骨院でも自分では治療費を全く負担していない。」という方はたくさんいらっしゃると思います。
このような状況を、
『任意保険会社の一括支払(一括請求)』と言います。

加害者が加入している任意保険会社が窓口となって対応して、自賠責保険と任意保険の対人賠償保険の保険金を、被害者に対して一括して支払う制度です。
任意保険会社の一括払いが行われると、支払窓口となった任意保険会社は、自賠責保険の保障内容を含めて、保険金を交通事故被害者に対して立て替えて支払いをして、その後に立て替えた分の保険金を自賠責保険会社から受け取るという流れになります。
従って、任意保険会社の一括支払いが行われているということは、当然、自賠責の保障内容についても、自賠責で規定されている通りに、補償されることになるわけです。

自賠責保険で補償される主な内容は、
入院・通院の治療費休業損害、通院交通費、慰謝料など」です。
休業損害などは、被害者ご本人から請求をしなければ補償されません。特に、外でお仕事をされていない主婦の方でも対象になることを知らない方もたくさんいらっしゃいます。

自賠責は、交通事故で怪我をされた方に対して最低限の補償を受けて頂くために国が定めている制度です。
ですから車やバイクなどの車両は車検時に、加入することが義務(強制)とされているのです。とは言え、自賠責の内容をよく知っている人はほとんどいません。それによって、この最低限の補償さえも受けることができていないケースも起こっています。

*自賠責保険の内容と慰謝料についてこちらで詳しく説明しています
『交通事故の慰謝料について』➡

+  +  +

事故したらドットコムサポートセンターは、交通事故の被害に遭われた被害者の方に、適正に補償される為の無料相談サポートを致します。
是非、事故したらドットコムサポートセンターまでお気軽にご相談ください。

*事故したらドットコム無料相談ダイヤル*:0120-13-4970

交通事故の相手が任意保険に入っていない場合の補償は?

2016/08/04更新

0718ブログ/相手が任意保険に加入していない243

事故したらドットコムの無料サポートセンターの利用者からの相談事例をご紹介します!

「先日、追突事故に遭って『むちうち(頸椎捻挫)』と診断されているのですが、相手が任意保険に加入していなかったので、治療費を立て替えている状態です。相手に連絡しても話が進まないのですが、どうすればいいのでしょうか?」

とお困りの方からご相談がありました。

+  +  +

このような場合、ご自身は追突事故の被害者ですので、過失割合「0対100」の完全な被害者ということになります。

その場合、ご自身が加入している任意保険会社には、相手の損害を補償する責任が無い為に、相手との話し合いなどに入って対応することがありません。そのため話が進まず、どうすればいいのかわからないまま、時間だけが過ぎていくという状況に陥ってしまうことがあります。

多くの皆様がご存知の通り、交通事故の治療費などの補償には『自賠責保険』が適用されます。

交通事故の人身面の補償には、自賠責保険と任意保険の2つあり、自賠責保険は全ての車両に加入が義務付けられてる強制保険です。
従って、この相談の方のように相手が任意保険に加入していない場合でも、自賠責保険には加入していることがほとんどなので、自賠責保険から治療費などを補償してもらうことができます。

ここで問題は、『どのように自賠責保険で治療費を補償してもらうことができるのか?』ということですが、このような場合にまずご確認いただきたいのが、ご自身の加入されている任意保険の内容です。

『人身傷害補償保険』を付帯していれば、ご自身が加入している任意保険に自賠責保険への請求を代行してもらうことができます。

一般的な『人身傷害補償保険』では、交通事故の過失割合に関係なく(加害者でも、被害者でも補償される)、3000万円を上限として、入院・通院等の治療費、休業損害、慰謝料といった部分を補償してもらうことができます。

つまり『人身傷害補償保険』を利用すると、治療費や慰謝料などの損害について、自賠責保険の保障分を含めてご自身の任意保険が補償してくれることになるということです。

相手が任意保険に加入している場合の交通事故では、被害者に対する損害の補償は、全て相手の任意保険が立て替えて支払い、その中で自賠責保険に請求できる部分を任意保険が請求して掛かった費用を回収している流れになっています。
この立て替え支払いを、ご自身の任意保険に対応してもらうことで、負担を大きく軽減することができます。

+  +  +

ご自身が『人身傷害補償保険」を付帯していない場合や任意保険に加入していない場合では、『自賠責保険への被害者直接請求』という方法を取ることによって、治療費や慰謝料などを補償してもらうことができます。
請求の方法など、早い段階で相談しておくと安心だと思います。

事故したらドットコムサポートセンターでは、交通事故被害者それぞれの状況に合わせた無料相談・アドバイスを行っていますので、是非ご利用ください。

事故したらドットコム無料相談サポートセンター0120-13-4970

交通事故の慰謝料

自賠責保険の慰謝料の計算は、通院中もできますか???

2016/08/04更新

0902ブログ内容・通院中の慰

現在、整骨院にご通院の患者様から

『自賠責保険の慰謝料の計算を教えてください。通院中でも計算できますか?』

と、ご相談を受けました。

+  +  +

自賠責保険の慰謝料は、通院に伴う精神的苦痛に対して支払われます。

その為、通院を始めた最初の日から通院を終了した日までの通院期間、

もしくは、通院期間中に何回治療に通ったかという通院実日数で慰謝料を計算することになりますので、

治療の途中では計算することができません。

+  +  +

事故したらドットコムのサイトでも、
慰謝料の計算式を、ご説明させていただいております。

とてもわかりやすくなっておりますので、ぜひご覧ください!

『交通事故の慰謝料について』
↓↓↓
https://koutuujiko-chiryou.com/isharyou.html

自損事故でも自賠責保険は適用されますか???

2018/05/09更新

自損事故で自賠責保険は適用

「事故したら.com」にお問い合わせをいただく患者様の中には、
「相手のいない自損事故で首を痛めてしまったのですが、自賠責保険で治療を受けられますか?」
という相談をされる方もいらっしゃいます。

+  +  +

結論から申し上げると
自損事故の運転者には自賠責保険を適用できません
自賠責保険は、交通事故によって怪我をさせてしまった相手の為に強制加入している保険なので、自分で交通事故を起こして怪我をしてしまった運転者の場合には適用することはできません。

ということは、「自己負担で治療を受けるしかないのか?」というと、そうでもありません。

ほとんどのドライバーは、任意保険に加入していると思いますが、多くの場合で、対人・対物などの保険と一緒に『人身傷害補償保険』に加入されています。

人身傷害補償保険の内容とは
『人身傷害補償保険』の一般的な内容は、交通事故によって負傷または死亡した場合に、過失があっても、なくても、治療費や休業損害などを補償するものとなっています。基本的な部分は自賠責保険とほぼ同じ内容とされています。
自損事故は、完全に自己責任になりますが、その場合でも治療費などの補償を受けることができる保険ということになります。ご加入されている任意保険会社の担当者に問い合わせれば、自己負担することなく治療を受けることができると思います。
この場合、病院などでは健康保険を使って受診することが一般的です。従って、健康保険の負担額である治療費の3割が保険会社から補償されるということになるでしょう。

また、『搭乗者傷害保険』という保険を付帯している場合にも、治療費が補償されるわけではありませんが、保険金を受け取ることができることがありますので、任意保険会社に確認されると良いと思います。

+  +  +

*自損事故の同乗者についてこちらで詳しく説明しています
『自損事故の同乗者の保険について』➡

私共は、交通事故でお怪我をされた患者様に、十分な治療を受けていただく為のご案内をさせて頂いております。
交通事故治療にお悩みの方、事故による『むちうち』などの症状にお悩みの方は是非、事故したらドットコムサポートセンターまでご相談ください。

事故したらドットコム無料相談サポートセンター*:0120-13-4970

交通事故治療で複数の病院や整骨院へ転院

2016/07/29更新

今回・ご相談いただいた患者様は、

事故に遭われた当初・とりあえず救急外来で診察を受けて、

その後・ご自宅近くの整形外科で再度診察を受けたそうです。

+  +  +

整形外科での診察は、

レントゲンを撮ったり、

痛み止めのお薬を処方していただいたりという内容だったそうですが、

今回・直接的な治療をご希望されて整骨院への通院を検討されたそうです。

+  +  +

はじめの救急外来から数えると、

『3回目の転院になってしまうので、自賠責保険で認めてもらえるでしょうか?』

と、ご心配されていました。

+  +  +

整骨院へ通院される際には「転院」ではなく、

「併用」といった形を取れますので、ご安心ください。

+  +  +

整形外科にに2・3週間に一度通院をしながら、

整骨院で日々の治療をされている方も、たくさんいらっしゃいます。

整形外科と整骨院、両方の良いところを利用して、

充分な治療を受けていただきたいと思います。

+  +  +

事故したらドットコムにも、

交通事故治療に実績のある整骨院にたくさんご登録いただいておりますので、

お悩みの患者様はぜひ検索してみてください。

↓↓↓
https://koutuujiko-chiryou.com/

交通事故での鍼治療

2016/08/04更新


鍼治療で自賠責保険は適用さ

病院や整骨院では、自賠責保険を適用した治療が受けられます。

先日・事故したらドットコムにお問い合わせをいただいた患者様は鍼治療をご希望されており、

「鍼治療でも、自賠責保険は適用されますか?」

と質問を受けました。

+  +  +

医師に相談し、鍼治療の同意書を書いてもらうことができれば、

自賠責保険でも鍼灸治療を受けることはできます。

+  +  +

「○○鍼灸整骨院」と、いう看板を掲げられている院は、

「柔道整復師」という国家資格をお持ちの先生と、

「鍼灸師」という国家資格をお持ちの先生が、

あるいは、両方の国家資格をお持ちの先生がいらっしゃいます。

+  +  +

事故したらドットコムにも、

自賠責保険が適用される多くの治療院にご登録いただいておりますので、

交通事故治療でお悩みの患者様はぜひ検索してみてください。

↓↓↓
https://koutuujiko-chiryou.com/

また、ご連絡いただければ事故したらドットコムサポートセンターが

治療院探しのお手伝いをさせていただきます。

ぜひお問い合わせください。

↓↓↓
事故したらドットコム無料相談ダイヤル*:0120-13-4970

整骨院での治療には保険が使えますか???

2016/08/04更新


保険で治療は受けられる?

交通事故の被害に遭われた患者様をご案内させていただく際に、

「保険会社から、保険で治療のできる院を選んでくださいと言われたのですが、

 整骨院での治療には保険が使えますか???」

と、いうご質問を受けました。

+  +  +

『整骨院・接骨院』という看板を掲げられている院には、

必ず「柔道整復師」という国家資格を持った先生がいらっしゃいます。

この「柔道整復師」という資格は、

健康保険や自賠責保険を扱える資格になりますので、安心してご通院ください。

+  +  +

よく間違えてしまうのは『整体院』と、看板があがっている院です。

整体院の資格は民間資格になり、

健康保険や自賠責保険の取り扱いができませんので、ご注意ください。

事故したらドットコムにご登録いただいている治療院は、

自賠責保険が取り扱える、交通事故治療に実績と経験のある院ですので、ご安心ください。

+  +  +

私共は、交通事故の被害に遭われた患者様に、

安心して治療を受けていただく為のサポートをさせていただきます。

交通事故治療にお悩みの方、事故による『むちうち』などの症状にお悩みの方は、

ぜひ・事故したらドットコムサポートセンターまでご相談ください。

事故したらドットコム無料相談ダイヤル*:0120-13-4970

病院から整骨院への転院はできますか???

2016/08/04更新

0722ブログ内容

事故したらドットコムにお問い合わせをいただく患者様の多くは、

整形外科などの病院にすでに通院されている患者様です。

+  +  +

そんな患者様から、

「病院から整骨院への転院はできますか???」

と、ご質問を受けました。

「転院」というかたちをとっていただかなくても、

整形外科と整骨院を併用していただくことができます。

+  +  +

整形外科での診察は、「事故による怪我が治っていない」ということを証明する大切なものですし、

痛み止めなどのお薬も、病院でしか処方されません。

一方・整骨院での治療は、「柔道整復師」という、

国家資格を持った先生の直接的な施術を受けることができます。

+  +  +

患者様によって、治療の相性もあると思いますし、その効果も違ってくるはずです。

整形外科と整骨院・どちらにも良いところがあり、

どちらの治療も自賠責保険が適用されますので、

ご自身の症状やご都合に合わせて、

うまく併用していただきたいと思います。

ただ一点・併用される場合には、同じ日にご通院されるのではなく、

1日でも良いので通院される日をずらしてください。

+  +  +

私共は、交通事故による『むちうち』などの症状にお悩みの患者様に、

自賠責保険の保障と治療をしっかり受けていただく、お手伝いをさせていただきます。

ぜひ・事故したらドットコムサポートセンターまでご相談ください。

事故したらドットコム無料相談ダイヤル*:0120-13-4970

1 / 212

全国の優良 整骨院・接骨院をご紹介

当サイトの掲載整骨院は、技術的、知識的また設備面、衛生面においても優秀かつ優良な治療院です。

また、当サイトには複雑な交通事故の保険内容や保険会社との煩わしい遣り取りによる、患者様の疑問や不安を解消するべく、保険相談専門のスタッフを揃えており、患者様がより良い環境で治療に専念出来るように、万全の体制で無料サポート致しますので安心してご利用ください。

page_contact_btn

優秀な治療院の検索はこちら

交通事故専用サポートセンター 0120-13-4970